• 中古商品に対するメンテナンス取り組みについて (2021.6.18更新)

    当店の中古商品に対するメンテナンスの取り組みをご紹介いたします。

    ——

    商品の取り扱い

    原則として、すべての商品の取り扱いは、清潔な貴重品専用の手袋を着用して行います。

    クリーニング

    レコードスリーブや書籍の表1・表4は除菌ウェットシートにてクリーニングいたします。
    ただし、コーティングされていないマットな紙質の場合は、表面を乾いたマイクロファイバークロスで拭く程度のメンテナンスにとどめます。
    また、スポット的に消しゴムを使用して汚れを落とす場合もございます。
    いずれにしましても、カバーアートのコンディションに影響がないことを最優先に作業を行います。

    修復

    スリーブに破れ、割けがあるものはボンドで修復を行う場合がございます。
    当店で修復を行った場合、必ず商品説明欄にその旨を記載いたします。
    中古商品に貼付けされているステッカー(販売店やディストリビューター等により出荷後に貼付けされたもの)は、可能な限り剥がしてから出品を行っております。

    盤面のメンテナンス

    盤面メンテナンスは、現時点では、ディスクユニオンの「レコクロス」(不織布)と「レコクリン」(クリーナー液)を使用しております。
    新品同様品など状態の良いものに対しては、状態保持のため、あえてこれらを使わない判断をする場合もございます。
    試聴音源の録音の際は、直前にナガオカ「クリアトーン558」を使用し、同じくナガオカのクリーナー「ARGENTO 113」で拭き上げております。
    こちらは表面の埃と静電気により発生しやすいチリノイズを抑えるための対策です。
    盤面の反りに関しましては、現時点において当所内で修復を行う有効な手だてがございません。
    鑑賞に支障をきたすレベルのひどい反りがある場合は出品を見送る、という方針でおります。

    ——

    今後もより良いメンテナンス方法があれば積極的に導入し、本記事にも追記してご紹介いたします。
    現在出品しております中古商品の試聴音源や状態説明は、以上のメンテナンスを経たうえでのものとなりますので、ご理解のほどよろしくお願い申しあげます。
    購入ご検討の際の参考となりましたら幸いです。