• スクエアでない音楽好きのために

    サックス・プレイヤー、ハンク・モブレーに'NO ROOM FOR SQUARES'というタイトルの曲がある。
    ここでの「スクエア」は音楽を理屈で捉える頭でっかちな人というニュアンスを含んでいて、「スクエアなひと、お断り」という意味になるらしい。
    音楽にまつわるトリビアをあれこれ調べたり話をしたりするのは楽しいけれど、それはほとんどオマケみたいなもの。
    本来、音楽好きであるために知識なんてまったく必要ない(演奏する側、紹介する側は別)。
    ただ単純に「かっこいい!」「可愛い!」と感じるだけで十分。
    フラットに風通し良くさまざまな音楽に出会えたなら、楽しみはきっと限りなく広がっていく。
    rovakk musikkの目指す姿を端的に言い換えるとしたら、「ジャケ買いのできる店」につきると思う。
    ジャケ買いはとにかく自由だ。
    ジャンルもトレンドもヒエラルキーも関係なし。
    アーティストの素性を知らなくても、「なんかいいなー」と思ったアートワークを手に入れて、部屋に飾るだけで気分は高まっていく。
    それは雑貨店でお気に入りのポストカードやアートピースを手に入れたときの高揚感にも似ている。
    季節や気分に合わせて飾る作品を変えたり、あれこれ並べて組み合わせを考えたりするのも楽しい。
    そんな、スクエアでない音楽好きのみなさんにこそ、ご紹介したいアートワークがたくさんあります。
    そこで手に入れられるのは、モノばかりでなく、良質なアートとデザインに彩られた生活。
    おまけに音楽まで鳴らせてしまうのです。